pcデータをパーフェクト復旧【安心して利用できる賢い業者選び】

オフィス

PCのデータが壊れたとき

男性

論理的な原因による場合

パソコンのデータ復旧にも、いろいろなケースがありますが、大きくふたつに大別できます。ひとつは、うっかり必要なデータを削除したり、不必要にフォーマットしたりして、データを消失する論理的な不具合に由来するもの、もうひとつはうっかりパソコンを落としたり水没させたりして、搭載されているHDDやSSDに物理的な不具合を引き起こしてしまうものです。このうち論理的な不具合に由来するものは、復旧ソフトを使うことによって、かなり高い確率でデータ復旧に成功することができます。というのは、普通の誤削除やうっかり誤フォーマットをしただけでは、データは物理的に消えてしまったのではなく、直接読み出すことができなくなっただけで、新しいデータが上書きされるまで、データは記憶媒体の中残ったままだからだからです。復旧ソフトはいろいろと市販されており、フリーソフトの中にも優秀なものもあります。

物理的に壊れた場合

一方、原因が物理的な原因に由来するときは、論理的原因に由来する場合と異なり、素人が簡単にデータを取り戻すことはできません。専門のデータ復旧業者に依頼するより方法がないのが実情です。特にSSDの場合、衝撃にはHDDよりも強いですが、物理的な復旧はHDDより難しく、専門業者でも、必ずしも成功を保証することができないそうです。パソコンをそのままメーカーに修理に出すのは、データ復旧の観点からは、あまりお勧めできません。記憶媒体は新しく交換されて、初期化して帰ってくる可能性が高いです。大切なデータが含まれていたとしても、2度と手に入れられない可能性が高いです。原因が論理的なであっても物理的なものであっても、確実に有効な手段がひとつだけあります。それはデータのバックアップをこまかく実施することです。データ復旧ソフトを使って万が一失敗した場合も、メーカから完全に初期化されたパソコンが戻ってきた場合でも、確実にバックアップからデータを復旧することができます。